歯ぐきから血が出る【歯周病】

歯ぐきの出血は歯周病の初期症状です

歯ぐきの出血は歯周病の初期症状です

食事したときやブラッシングしたときに歯ぐきから血がでる人は、歯周病の疑いがあります。他にも以下のような症状がある方は高い確率で歯周病にかかっている可能性があります。以下項目をチェックしてみてください。

歯周病チェックシート

歯周病チェックシート

チェックがひとつでも入った人は、歯周病の可能性があります!

歯周病なのかな……とショックを受けた方もいるかもしれません。しかし、実は日本人の成人の約8割が歯周病にかかっている、もしくはかかる手前だといわれています。国民病といっても過言ではありません。

歯周病は虫歯のように激しい痛みをともないませんが、放っておくと歯を支えている顎の骨を溶かす怖い病気です。骨が溶けきると歯が抜け落ちることもあるので、最悪の事態を避けるためにも歯ぐきの腫れや出血が気になったら、早めに当院までご相談ください。

細菌検査について

プラザデンタルクリニックでは、虫歯、歯周病検査として「プラークの状況」「虫歯の経験」「歯周病菌数」 「歯肉の状態」「pH値の検査」「唾液の状態」を検査しています。
今回は、その中でも唾液検査について記載していきます。

唾液検査の検査方法
検査1.唾液の採取
まず、唾液の量を調べます。椅子に腰掛けた状態で、味のついていない唾液採取用ガムを5分ほど噛みながら、唾液を出します。
検査2. 細菌の数の判定
唾液の中にいる虫歯菌、歯周病菌の数を調べます。
菌の数が規定値を超えた場合(リスクが高い場合)、除菌方法として当院では3DSを行っています。
3DS 法について

3DS 法について

3DSとは、「Dental Drug Delivery System」(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)の略です。
PMTCを行った後、患者様それぞれの口に合ったトレーを使用し、専用の薬剤を約5分間、歯の表面に作用させることで、虫歯や歯周病を防ぐことができます。
虫歯や歯周病になりやすい方に、特におすすめしております。

PICK UP 下記に当てはまる方は歯周病に注意?!
1.喫煙

1.喫煙

タバコに含まれるニコチンは、血管収縮作用があります。歯ぐきの血管が細くなると、歯ぐきへの栄養素や酸素の供給や老廃物の除去ができなくなってしまいます。また、歯周病のサインである「歯ぐきの出血」が確認しづらくなり、歯周病の発見を遅らせてしまうことになります。

2.糖尿病

2.糖尿病

糖尿病の方は、免疫機能を司る白血球の機能が低下しやすく、感染症にかかりやすくなります。歯周病は感染症の一種ですので、糖尿病患者の方は歯周病の発生リスクが高まるのです。今は特に問題がなくても、定期検診の受診をおすすめします。

3.肥満

2.糖尿病

肥満の方は、普通の体重の方に比べ、約1.5倍も歯周病にかかりやすいと言われています。
脂肪細胞から分泌される「TNF-α(腫瘍壊死因子)」という物質は、脂肪が多ければ多いほど多く分泌されます。
TNF-αという物質は、血液中の糖分の取り込みを抑える働きもあるため、血糖値を下げるインシュリンというホルモンの働きを邪魔してしまいます。
インシュリンの働きが邪魔されることで糖尿病のリスクも上がり、歯周病も悪化し、最終的に歯周病菌が体内に入り込み、動脈硬化を引き起こすこともあるのです。

歯周病の原因と進行段階、治療法はこちら