インプラント治療の流れ・メインテナンスの重要性

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

横須賀・汐入のプラザデンタルクリニックのインプラント治療の流れをご紹介します。治療前のカウンセリング時はもちろん、治療中や治療後にいたるまで疑問や質問がありましたらどんなことでも遠慮なくおたずねください。わかりやすく丁寧に説明させていただきます。

STEP1 診断と治療計画

レントゲンなどによって十分な診断を行い、その後にインプラント治療に関する説明を行います。治療は専門のトレーニングを受けた歯科医師のみが行いますのでご安心ください。

PICK UP 銀歯のデメリットは見た目だけじゃない?

当院では、より安全で確実なインプラント治療を行うために、ノーベルガイドシステムによる治療シミュレーションを行っています。

【ノーベルガイドシステムとは】
インプラントメーカーのノーベルバイオケア社が開発した治療シミュレーションシステムです。歯科用CTで撮影した口腔内のデータを3D画像で確認することで、より正確で安全な治療計画を立てます。3D画像によりいろいろな治療の準備に役立ち、治療計画の立案から外科手術、補綴治療までを一貫して行えます。

メリット1 治療時間の短縮
精度の高い治療計画にそって治療を行うため、手術時間が短縮できます。また、歯肉を余計に切開せずに済むため、患者様に負担の少ない治療が可能になりました。

メリット2 安全性の向上
3D画像では口腔内を立体で捉えることで、骨の厚みや神経・血管の位置、そして人工歯根の適切な埋入位置を定められ、治療の安全性が高まります。また、最終的な補綴物を3D映像で確認しながら埋入できるので、審美性・機能性も大幅に向上します。

メリット3 手術当日から食事できる
手術前に高精度の仮歯、または上部構造を作製可能です。そのため、手術当日から普段どおりの食事ができます。

STEP2 人工歯根の埋入手術
局所麻酔後に歯肉を切開し、歯を失った顎の骨を削って人工歯根を埋め込みます。
STEP3 治癒期間
人工歯根と顎の骨がしっかり結合するまで、約6~24週間の治癒期間を置きます。
※人工歯根の上に仮歯を入れますので、お食事や会話などに支障はありません。
STEP4 人工歯の装着

【一回法の手術の場合】
インプラントは骨とインテグレーションしたら人工歯の作成を行います

【二回法の手術の場合】
インプラントが骨とインテグレーションした後にインプラントを粘膜から貫通させます。
その後、人工歯の制作を行います。

インプラントは、治療後のメインテナンスが大切です。快適なインプラントを長持ちさせるためにも、毎日のブラッシングと定期検診のダブルケアを行いましょう。

インプラント治療はメインテナンスが大切です

インプラント治療はメインテナンスが大切です

健康な歯と遜色のないインプラントですが、メインテナンスを怠ると長持ちしません。たとえば、人工歯は虫歯になりませんが、周りの歯周組織にプラークが溜まると歯周病に似た病気「インプラント周囲炎」にかかります。インプラント周囲炎は、重症化すると歯が抜け落ちてしまうおそれもある怖い病気です。

快適なインプラントを長持ちさせるためには、メインテナンスが欠かせません。以下ではケアのポイントをご紹介します。治療後のケアの参考になさってください。

ホームケア

ホームケア

ケアの基本は、ブラッシングです。あわせて、歯のすき間が大きい箇所や汚れが溜まりやすい箇所は、デンタルフロスや歯間ブラシなどを併用するといいでしょう。
細かい清掃方法は歯科医師、衛生士にお尋ね下さい。

歯科医院でのケア

歯科医院でのケア

インプラントの周囲についたプラークのチェック・除去、噛み合わせチェック、ブラッシング指導などを行っています。ブラッシングを念入りに行っていても、100点満点のケアができる人はいません。検診のタイミングをお知らせしますので、ぜひ定期的にケアを受けにいらしてください。

プラザデンタルクリニックへのご予約はこちら