気になる銀歯を白くしたい【審美歯科】

キレイに治したい方には審美歯科がおすすめです

  • キレイに治したい方には審美歯科がおすすめです before
  • キレイに治したい方には審美歯科がおすすめです after

虫歯治療で銀歯を入れた方のなかには、金属がギラつきが気になっている方は少なくありません。会話や食事のときに銀歯が気になって口を大きく開けられなかったり、手で覆ったりしている方もいるのではないでしょうか?

そういった方におすすめしたいのが、審美歯科です。審美歯科は単に治すのではなく、キレイに治すことを目的とした診療メニューです。銀歯からセラミック製の白い被せ物への交換やホワイトニングなどで、見た目の美しさを考慮した治療を受けられますのでご検討ください。

PICK UP 銀歯のデメリットは見た目だけじゃない?
銀歯は長年使用していると唾液で劣化し、金属イオンが溶けだし体内のタンパク質と結びつくと、免疫システムが異物と認識して拒絶反応を起こすことがあります。銀歯に使われる金銀パラジウム合金やアマルガムなどの金属は、頭痛や肩こりなどを引き起こす原因にもなるといわれているのです。

審美歯科で使うセラミックと他の素材の比較

審美歯科で主に使うセラミックは、銀歯にはない優れたメリットがあります。他の素材と比較してご紹介します。

  セラミック
セラミック
プラスチック
プラスチック
銀歯
銀歯
金属アレルギー なし なし あり
目立ちやすさ 自然 目立ちにくい 目立つ
弱点 まれに欠けることがある 水分を吸って変色することがある サビることがある
費用 高額 とても安価 安価
生体親和性 高く、アレルギーのもとにならない 普通 低く、アレルギーのもとになることがある

当院の審美歯科メニューはこちら