あなたは大丈夫?歯並びチェックシート

こんな歯並びには矯正治療が必要です

こんな歯並びには矯正治療が必要です

歯並びが多少悪くても特に問題はないもう年だしそのままでいい

こんなふうにお考えの方もいらっしゃいますが、歯並びの乱れはさまざまな悪影響をおよぼします。鏡を見たときにもし以下のような歯並びになっていたら、矯正治療が必要です。乱れた歯並びは見た目以外にも問題を起こすので、早めに歯科医院へ相談しましょう。

不正咬合の種類

問題がある歯並びのことを、不正咬合といいます。以下では代表的な不正咬合の種類について紹介します。

上顎前突
(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の歯列が前方に突き出ている状態。いわゆる「出っ歯」と呼ばれる歯並びです。

下顎前突
(かがくぜんとつ)

下顎前突(かがくぜんとつ)

下の歯列が前方に突き出ている状態。いわゆる「受け口」と呼ばれる歯並びです。

上下顎前突
(じょうげがくぜんとつ)

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上と下の歯列が両方とも前方に突き出ている状態。


過蓋咬合
(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう)

噛み合わせたときに、上の歯列が下の歯列に蓋をするように覆ってしまう状態です。

叢生
(そうせい)

叢生(そうせい)

歯が四方八方に乱れて生えている状態です。八重歯も叢生に含まれます。

開咬
(かいこう)

開咬(かいこう)

奥歯を噛み合わせても上の前歯と下の前歯にすき間ができてしまう状態です。

歯並びの乱れは見た目だけの問題じゃない?

当院の矯正治療はこちら